製品について

高リスク医薬品調剤時の曝露の
危険性から医療従事者を守る

世界初の技術で最も安全に
除染可能な安全キャビネット

これまでの安全キャビネット抗がん剤調製時

増加する【がん化学療法】に従事する
最前線の医療関係者を守る為に

官・民が一体となって開発されました

オゾンガス&オゾン水がキャビネット内と輸液バック・バイアルに付着した抗がん剤を分解しクリーンに保ちます。今まで対処できなかった抗がん剤曝露の危険から薬剤師・看護師など医療従事者の安全を守ります。

今後更に増加する抗がん剤調製数にも対応できる
医療従事者の安全を守る為の革新技術

すべてが安全、すべてが新しいこれからの抗がん剤調製現場を支える4つの新機能​

  • 導入しやすい循環式キャビネットでも​高揮発性抗がん剤に対応​
  • 世界初の規格。設置が容易なキャビネット内循環型(クラスⅡタイプA2)において、高揮発性抗がん剤の調製を可能とした設計。
    全排気型と比較して低コスト・少排気量で設置が可能、かつ安全性は従来機を大きく凌駕します。
  • 安全キャビネット内に付着・残存した抗がん剤をオゾンで分解します
  • 世界初の【抗がん剤吸着フィルター&HEPAフィルターのダブルガード】で高揮発性抗がん剤の曝露から薬剤師を守ります。作業を終了した夜間には、超高濃度オゾンガスによって全自動でキャビネット内の付着抗がん剤を分解し、翌朝にはクリーンにします。オゾンガスで分解された抗がん剤はAMESテストによって安全が確認されています。
  • 輸液バッグ・バイアルも除染する全自動オゾン水機能〔オプション〕
  • 引き出し式の高性能オゾン水小型シンクを搭載。水道水を高濃度オゾン水化することで、調製後の輸液バッグを全自動で洗浄。ゴム栓がオゾン水で損傷したり、オゾン水が穿刺口から侵入することはありません。
    キャビネット内作業中にこぼれた抗がん剤などもオゾン水で拭き取ることで分解します。
  • 排気もクリーン、抗がん剤を吸着する吸着フィルターを搭載
  • 従来なかった高揮発性抗がん剤を吸着する特殊吸着フィルターを開発。室外に排気される空気と循環する空気もクリーンにします。