特徴・仕様

医療従事者の安全を考えた世界初の
オゾン分解機能付抗がん剤調製安全キャビネット
除染された容器で投与に関わる
医療従事者の安全を守ります

MEDIO3の特徴

特徴1
超高濃度オゾンガスによる抗がん剤の分解

調製作業終了後(業務終了)に、キャビネットを密封し高濃度オゾンガスを散布し、抗がん剤を分解します。除染運転中はオートで濃度と散布時間が管理されます。業務開始時にはクリーンなキャビネットで調製作業ができます。これは、メンテナンスの低減にも寄与します。万一のオゾン漏れにもリークセンサーによって管理されています。

超高濃度オゾンガス
自動除染

微弱オゾンガス
抗がん剤フィルター吸着
特徴2
(作業中)微弱濃度オゾンガス散布機能

身体には影響のない0.1ppm(日米で許可されている安全濃度)の微弱オゾンガスを常時散布し、キャビネット内をクリーンに保ちます、この機能のキャンセルも自由に可能です

特徴3
新開発 抗がん剤吸着フィルター+HEPAフィルター

世界初の抗がん剤フィルターが、エアロゾル化した抗がん剤を吸着しキャビネット外への漏えい、調製中の薬剤師への曝露を防ぎます。フィルターは屋外排気側にも設置され環境にも安心です。

特徴4
輸液バッグ(バイアル)オゾン水除染モード〔オプション〕

キャビネット右下には格納式オゾン水シンクが搭載されており、高濃度4ppmのオゾン水が生成されます。シャッター式の洗浄シンクに輸液バッグを入れ、シンクを収納すると、オゾン水が自動で吐出され、シンク内に溜められた高濃度オゾン水で洗浄されます。所定の時間経過後には自動排水され、クリーンな輸液バッグやバイアルを手にする事ができます。
※一度に2~3枚のパックを数十秒~数分で除染します

  • 調製後の輸液バッグを洗浄する為にシンクを引き出します。
  • 洗浄する輸液バッグをシンクにセットします。シンクを収納すると洗浄が始まります。
  • シンク内の輸液バッグはオーバーフローする常にフレッシュなオゾン水で連続的に洗浄されます。
  • 設定された時間でオゾン水吐出が止まり、排水されます。シンクを引き出し、輸液バッグを取り出します。

MEDIO3の仕様

製品名 抗がん剤専用調製安全キャビネット
製品型式 PSC-1300ⅡA2(仮)
外形寸法 幅1,500x奥行820mmx高さ2,395mm
重量 約480kg
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 約750w(約950VA) 送風機+照明運転時
集塵機能 0.3μm粒子(PAO)にて 99.99%以上
曝露防止機能 オートシャッター機能、抗がん剤吸着フィルター
HEPAフィルター濾過 オゾンガス循環機能(0.1ppm)
警報 ファン異常発生時、前面シャッターが200mm以上解放された時、オゾン濃度の異常 他
オゾンガス除染 相対湿度及び濃度・時間 制御による
オゾンガス濃度 約20.8~41.6g/㎥
フィルター機能 給気フィルター:抗がん剤吸着フィルター+HEPAフィルター
排気フィルター:抗がん剤吸着フィルター+HEPAフィルター
排気環境 約40%室外排気 約60%循環双方に抗がん剤吸着フィルター+HEPAフィルターの濾過を行う